ナリタニストがおすすめする成田情報!

JA

大阪風たこ焼きに広島風お好み焼き、ボリュームたっぷりの焼きそばまで!成田の粉もん特集

成田にも気軽に食べられる粉もんのお店があります。本格派ふわとろたこ焼き、ユニークなお好み焼き、昔ながらの焼きそばが食べられる、一度は寄ってみたいと思えるお店をおすすめします。

 

関西で特に親しみのあるたこ焼きやお好み焼き。手軽に食べられるイメージもあり、日本食のひとつとして外国人にも人気です。

海外旅行帰りで日本らしいものを食べたくなったときや、成田観光で小腹がすいたときなどに気軽に寄ることのできる粉もんのお店を紹介します。

ひっぱりだこ成田駅前店

京成成田駅を出てすぐの場所に店を構えるたこ焼き屋さんです。

夜になると煌々と提灯とネオンが灯り、さながら屋台のような雰囲気を醸し出します。

 

もちろん昼間も営業しており、ひっきりなしにお客さんが訪れる人気店です。

訪れたのは平日のお昼前。先客は2名ほどいました。

基本はテイクアウトのお店ですが、店内に立ち食いのカウンター席、店の入り口そばにテーブル席があり、少人数であればこちらで食べる事もできます。

メニューはシンプルで、軽食がメインのラインナップです。

通りに面した窓口から店内にいる店員さんに注文するスタイルで、今回はたこ焼き、焼きそば、たこぺったんを注文しました。

店員さんの慣れた手捌きもあり、注文してから待つこと5分ほどで出来上がりました。

食べる前からソースの香りとおいしそうな見た目が食欲を刺激します。

たこ焼きは味付けやトッピングも選ぶことができます。

今回はポン酢を選びました。

 

ふわとろの大阪風のたこ焼きで、見た目に反してあっさりとした味付けなので、どんどん箸が進みます。

焼きそばはカレー味でからしマヨネーズをかけてもらいました。祭りの屋台を思い出すような懐かしさを感じる一品です。

最後はぺったん焼き。見た目はお好み焼きのように見えます。

ぺったん焼きは初めて食べましたが、お好み焼きよりもふんわりとした食感で、優しい口触りが印象的です。こちらも気付かぬ内にたくさん食べてしまいそうな一品でした。

 

どれも味付け具合が絶妙で、生地のふわふわ感がクセになりそうです。

地元住民がリピーターになるのも頷けます。

 

「ひっぱりだこ成田駅前店」

 

オコノミヤキ オツル

成田駅から成田山新勝寺へ続く参道沿いのビルの2階にあるこちらのお店は、数年前にオープンした比較的新しいお店です。

入り口を入るとすぐに店名のネオンが輝き、居心地の良さそうなおしゃれな空間が広がっています。

座席はカウンター席メインで、奥にテーブル席もあります。

カウンター席の目の前には大きな鉄板があり、調理する様子を見る事ができます。

メニューは一風変わったラインナップのお好み焼きに加え、串ものやだし巻き卵、梅水晶など、鉄板で調理されるものや一品料理も充実しています。

目の前の鉄板でお好み焼きが焼かれている間に、お店イチオシのおでんを楽しむのがおすすめです。

優しい出汁の旨味がタネにしっかりと染み込んでいておいしいです。

今回注文したお好み焼きは「モッツアレラオコノ」。

お好み焼きの上のモッツァレラチーズをバーナーで炙ったユニークな一品です。

たっぷりのモッツァレラチーズと、お好みでかけるタバスコがとてもよく合います。

お好み焼きの具材には麺も入っており、広島風のお好み焼きをイメージさせます。

お好み焼きはもちろんその他のメニューのどれもおいしく、店員さんも親切でいつも満席の理由が分かります。

 

「オコノミヤキ オツル」

 

鉄板やきそば鈴木

最後は古くから地元住民にも愛される焼きそば屋さんです。

成田のソウルフードと名高く、場所は成田山新勝寺に向かう参道から少し逸れた場所にあります。

 

行きつくまでは分かりづらい道のりですが、周りに建物はなく、林と道路だけなので近くに行けばすぐに分かります。

メニューはいたってシンプルで、焼きそばのみ。

店内にはカウンター席とテーブル席もあり、注文はカウンター越しに量を伝えるだけですみます。

 

お腹がすいていたので特盛を注文してテーブル席につくと、2分ほどですぐに店主が焼きそばを運んできてくれました。

完食できるか不安になるほどの量です。

お皿からはみ出んばかりの山のような焼きそばの頂上にあおのりと、紅しょうがもトッピングされています。

具材はこれまたシンプルにキャベツのみ。

 

見た目からしてかなりソースの色合いが強く、味が濃そうな印象を受けますが、意外にもそこまで濃くありません。

そのためか、テーブルにはソースと七味が用意されており、味が足りないと思う人は追加することができます。

なんとか完食しました。

他のお客さんの注文した並盛りを見てもボリュームがあったので、普通の胃袋を持つ人であれば並盛で十分お腹いっぱいになりそうです。

 

平日のお昼に訪れましたが、ひっきりなしにお客さんが来ており、人気の高さが伺い知れます。

 

「鉄板やきそば鈴木」

 

成田にある粉もんはひとりでも気兼ねなく行けます

今回は成田の粉もんが食べられるお店を3店紹介しました。

どのお店も成田駅から徒歩で行くことができ、気軽に行くことのできるお店です。

 

すべてのお店でテイクアウトも可能で、食事にも軽食にもぴったりなので、気になるお店があればぜひ行ってみてください。

  2022/03/09